不動産会社探しや土地査定、引き渡しまで土地売却の流れ

土地を売却するときには、一般的に次のような流れになります。
1.大体の相場を知って、売却価格の目安を立てるー売却すると決めたならば、いくらぐらいで売れそうかの目安を立てます。
まずは、物件の周辺相場を知ることから始めるといいでしょう。
・周辺の売却物件情報や不動産の相場情報等を参照していく。
2.不動産会社を探すー土地を売却するためには、信頼できる不動産会社との出会いが大切です。不動産会社の情報を幅広く収集していくことです。
3.物件価格の土地査定を依頼するー物件価格の査定を依頼するところから、不動産会社との付き合いが始まります。売却する土地の価格を、不動産会
社のプロの目で査定してもらいます。物件価格については、多くの意見を聞くために、複数社の査定を依頼するのが良いでしょう。
4.不動産会社に仲介を依頼する(媒介契約を結ぶ)−不動産会社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。主な媒介契約の形
態は3つありますが、自分の希望する売却方法などを踏まえて、どの契約を結ぶかを決定します。
5.不動産を売りだすー売り出し価格は、その後の売却活動に大きく影響します。自分の希望価格だけではなく、不動産会社の査定価格や周辺の売
却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決める必要があります。
6.購入希望者と交渉するー購入希望者が現れたら、売却条件を交渉します。もちろん、価格の条件は最も重要ですが、その他の条件についても、
譲れる点と譲れない点を明確にして、交渉を進めるようにしましょう。
7.物件情報を開示するー売買契約を結ぶ前に、物件に関する情報を出来るだけ正確に、購入希望者に提供しましょう。特に契約締結後のトラブル
を防止するためには、物件に不具合や欠陥などがある場合には、誠実に購入希望者に伝えることが大切です。
8.売買契約を結ぶー売買条件を合意したら、買主と売買契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の10〜20%程度の手付金を受け取るこ

とになります。
9.不動産を引き渡すー引き渡し手続きでは、売買代金を受領すると同時に、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行います。
細かな設備・備品等の取扱いなどについても、買主と現地立ち合いを行った上で十分に確認をすることです。

 

【土地売却に便利なサイト】
土地売却で損をしない方法とは?賢く売る方法をお伝えします

関連ページ

良い不動産屋悪い不動産屋
この世には2つの不動産屋があり、片方は良い不動産屋、もう片方が悪い不動産屋です。これら2つには明確に違うところがあります。まず、良い不動産屋はよく話を聞いてくれ、担当の人がそれをしっかり…